日本共産党 名古屋市会議員 高橋ゆうすけ

TEL.

052-692-4312 FAX.052-692-1466

〒457-0865 名古屋市南区氷室町15-13

防災

避難訓練

今日は夕方から地元学区で行われた避難訓練に参加。

 

18時45分に地震発生、町内の避難集合場所に集まってから、集団で避難場所の大生小学校に移動。

避難者名簿に記入して、津波避難ビルである校舎の屋上にのぼり、市の職員から、実際の災害時に必要になる行動や備蓄しておいた方が良いものなどの説明を受けました。

 

災害はいつ来るかわかりません。日頃からの訓練がとても大切だと思います。

職員のお話によると、南区のみなさんは意識が高いそうです。しっかりと意識しつつ、いざという時に助け合うことができる様にしていく必要を感じています。

ちなみに今日は海の日。

名古屋港ではみなと祭りが行われており、校舎屋上からは花火も見られました♪

山崎川橋りょう下部工工事

南区内を流れている山崎川。

今、下流域の方から順次堤防の耐震補強工事が行われています。

その工事の行われているところの少し上流のところ、JR線と交差しているところでは、河川の水の流量を増やすために必要な工事が行われています。

その関係で、JR線の橋りょう下部工について、補強工事等を行う必要があり、流量の少ない時期にそのための工事が行われていました。

 

しかし、工事を進めていく上で、支障物が見つかり、支障物の撤去等の必要が出たため、工事期間が延長され、費用も増額。

その議案が、今行われている6月定例会で提案されました。

 

私が所属する土木交通委員会が所管なので、そこで審議しましたが、私からは工事を始める前に状況がわからなかったのかなど、確認をしました。

結論としては、ボーリング調査だけではわからず、鋼矢板で周囲を仕切って水を抜かなければならなかったなど、河川特有の事情もあったことから、今回の再延長ということになったのですが、地元への交通や騒音等の影響もあることから、しっかり説明を行うように求めました。

また、下流域から進められている堤防の耐震補強も、近い時期に現在工事が行われている区域に達する予定ですので、同じ局の中で行っていることなので、無駄なことにならないようにするためにも、局内で調整して工事を行うように求めました。