「健康」カテゴリーアーカイブ

国民健康保険料の引き下げを!

連日、20ヶ所以上で政策を訴えています。

聞こえているのかな?と思うこともありますが、結構遠くで家から出て聞いてくださる方も。少しずつ、でも確実に訴えが届いているんだなと感じます。

利用制限なしに敬老パスの利用拡大を訴えるとその通りだと力強く握手をしてくださる方、国保の値下げの訴えに耳を傾けて拍手をしてくださる方、本当に励まされる毎日です。

協会けんぽなどでは、子どもが生まれたらお祝い金もらえます。でも国民健康保険はお祝い金もらうどころではなく、逆に保険料として(名古屋の場合)約55,000円も払わなければいけない制度。子どもが生まれておめでたいはずなのに、おめでたい気分が吹き飛んでしまう制度です。

さすがに、今、全国でおかしいと声があがり、共産党だけではなく、党派を超えて、全国知事会などからも、国保料の見直しが国に要望されています。

でも、安倍首相はこの要望、何年も放置。国がなかなか値下げしてくれないからと、自治体で努力して値下げをしているところも。でもそうするとペナルティが課せられるなど、値上げの圧力もあります。

名古屋市は市民のみなさんの運動の力で、市独自の補助金を守っていますが、それでも協会けんぽの方の約2倍の保険料を支払う必要があります。

国がやるべき仕事ですが、国がやらないなら、名古屋市で進めていかなければ、国保の方の生活を守ることができません。

名古屋市は毎年黒字財政。使い道の決まっていないお金が年々積みあがって、2018年度末時点で約170億ちかくのため込み金(財政調整基金)があります。この一部を使えば子どもの保険料もゼロ円にすることができますし、協会けんぽ並みの保険料に引き下げることができます。

もちろん財源は、この財政調整基金だけではなく、他の大型開発などを見直すことでも生み出すことできます。

財源を示して国保の大幅引き下げを提案しているのが日本共産党です。

子どもから保険料を徴収するような制度でなく、誰もが払える保険制度に変えていきましょう!

国民健康保険料の大幅引き下げを!

先日の演説会では、国民健康保険料の大幅引き下げの実現に向けた決意もお話しました。

会社で正社員で働く人が加入する社会保険(組合健保や協会けんぽ、共済組合等)は世帯に保険料がかけられるため、子どもが生まれても保険料は増えません。逆にお祝い金が支給されたりもします。

しかし、国民健康保険加入世帯は、一人一人が加入者となるため、生まれたばかりの赤ちゃんでも保険料がかかってくる。名古屋市の場合は、約55,000円/年かかる。

その結果、社会保険加入世帯に比べて、国保加入世帯の保険料は2倍近くの保険料を払うケースもあります。(子どもが増えれば増えるだけ、保険料が高くなるため、もっと負担しているケースも)演説会の時には、「おめでとうございます。子どもが生まれたのなら保険料払ってくださいね」と言われるような制度とお話しましたが、こんな制度ではまったくおめでたくないと言わざるを得ません。

さすがにおかしいと、全国知事会や市長会、町村会などからも保険料の値下げなどが国に対して求められてきました。

しかし、その要望に対して、何年も放置しているのが安倍自公政権です。検討すると言いながら、しかし一向に動こうとしない。それどころか、国保料の値上げを押し付けようとさえしています。

そういった中ではありますが、名古屋市では、市民のみなさんの運動と、日本共産党の議会での論戦で、市独自の補助金を支出し、値上げを一定ストップさせてきました。ただ、まだまだ不十分です。あまりにも高すぎる国保料の引き下げを実現していく必要があります。

そのための財源を名古屋市は持っています。

名古屋市の財政は毎年黒字財政。そのことによって毎年、使い道のない(何にでも使える)財政調整基金、いわゆる溜め込み金が約170億円にまで膨れ上がっています。

災害対策のための積み立てなど、必要な積立は別にしっかりと行っている名古屋市。この溜め込み金の一部を使えば保険料の大幅値下げは実現できます。

国保大幅値下げの願い実現させるために、力を尽くしていきます。

18歳までの通院を含めた医療費無料化を実現したい

3月29日告示、4月7日投票で行われる名古屋市会議員選挙に向けた市議選政策の一つとして、18歳までの通院を含めた医療費の無料化を掲げています。

私がこの施策をどうしても実現したいと思う一つの出来事が南区でありました。

今年の冬、ある高校生が顔を真っ赤にしていたため、周りにいた大人の方が心配をして、熱を測ってみたら高熱があったため、インフルエンザを疑ったその方は、その子に「病院に行こう」と声をかけたそうです。

しかし、その子は「お金がなくて」と病院に行くのを渋ったとのこと。それは、今お金を持っていないのではなく、家自体が病院に行く余裕がないという状況だったとのこと。

その方は、あまりにも辛そうにしているその子を放っておけないと、病院に連れて行ってくださったとのことでした。

以前、生活保護を打ち切られ、ろくに食べるものもなく、「おにぎり食べたい」と最後にメモを残して餓死された方がいたというニュースが大きく報道されましたが、私は今回のこの話を聞いて、豊かであるはずの日本で、子どもがお金の心配をしなければならない、そんな社会のどこが豊かだと言えるのかと、悲しい思いを抱きました。

でも、子どもが病気になったときに、お金の心配せずに病院に行けるようにすることは、政治の、行政の責任で実現させることができます。

名古屋市ではすでに15歳、中学校卒業までは医療費は無料です。そして来年1月からは、市民のみなさんの運動と、日本共産党の長年の要望で、18歳までの入院医療費の無料化が実現しました。

入院までできたなら、通院も。先ほどの子は無事、病院に行き治療も受けられましたが、せめて高校を卒業する年齢まで、誰もが安心して病院に行けるようにしたいと強く思っています。

貧困の連鎖を断ち切るためにも、そして子どもたちが健やかに成長できる社会を実現するために、力を尽くしていきたいと思います。

名古屋市議選政策

3月29日(金)告示、4月7日(日)投開票で名古屋市会議員選挙が行われます。

私は、2期目の議席獲得に挑戦し、「5つの実行」をはじめとした公約実現のために全力を尽くします。

5つの実行

1小学校給食の無償化

「義務教育は無償」は憲法に明記された大原則。子どもの健やかな成長を保障するためにも、子どもの貧困対策としても、大きな意義のある小学校給食費を無償にします。

2利用制限なしに、敬老パスの利用拡大

高齢者の社会参加や健康づくりを促進し、経済波及も高く(予算の2.5倍)、CO2削減(年6500トン)の効果もある現行制度。新たな負担や上限額の設定など利用制限なしに、JR・私鉄でも利用可能にします。

3国保料を「協会けんぽ」並みに大幅引き下げ

5大政令市で2番目に高い国民健康保険料。滞納世帯の割合は13%にのぼります。2002年比で7割以上も減った、一般会計からの市独自繰入を増やし、一般会計からの市独自繰入を増やし、国にも全国知事会などが要求してきた「1兆円の公費投入」をはたらきかけ、「協会けんぽ」並みに大幅に引き下げます。

4介護保険料引き下げ

3年に一度の改定で引き上げられ、いまや愛知県内の自治体で最も高額となっている介護保険料を、一般会計からの繰り入れで引き下げます。

5子ども医療費無料制度を入・通院とも18歳まで拡大

子どもの健康と家庭の負担軽減のために、現在中学生までが対象の子ども医療費無料制度を入院・通院とも18歳までに拡大します。

記者発表

今日はまず7時30分に、瑞穂区の市大病院前での早朝宣伝からスタートしました。

瑞穂区のかのう拓人市議予定候補と一緒に消費税増税の延期ではなく中止と消費税に頼らない財源づくりと社会保障の拡充を!原発再稼働を許さず、再生可能エネルギーへの抜本的転換を!集団的自衛権では若者や医師が戦場に行かされ人殺しを余儀なくされてしまう、武力ではなく対話による外交を!税の無駄遣いである政党助成金の廃止を!と訴えてまいりました。

道路の反対側から大きく手を振って応援してくださる方もみえて、歩道橋を走ってわたってきたなぁ、と思ったらカンパを寄せてくださったりと、うれしい応援もありました^^

写真 2014-11-19 8 23 02

その後、日本共産党愛知県委員会に移動し、全県幹部活動者会議に参加。

今の情勢について学んだあと、各地域での取り組みを交流し、志位委員長の街頭からの訴えをリアルタイムで視聴。

5つの転換を求めて日本共産党は活動していくことを軸に、国民との共同を広げていく、そのことを再度確認をしました。

新しいことを言っているわけではなく、これまで日本共産党が主張し続けてきたことを実現していく(消費税増税の中止と社会保障の充実、雇用のルールの確立、原発即時ゼロ、平和日本と対話による平和外交、沖縄新基地建設の反対と普天間無条件撤去など)だけですが、その分わかりやすい争点だと感じています。

DSCF3303

DSCF3305

DSCF3301

そして午後からは栄でもとむら伸子衆議院比例候補と愛知県内の衆議院小選挙区予定候補全員とで街頭演説会。たくさんのテレビ局などが取材にきていてちょっとビックリ!

一人一人の持ち時間が少なかったため、私は、安倍政権の下、労働者派遣法の改悪やホワイトカラーエグゼンプションの導入など、雇用のルールを破壊されようとしているが、そんなことをしてしまっては安心して暮らしていくこともできない、そもそもブラック企業やブラックバイとの問題を放置して問題を大きくしてきたのは今の自民党政権。このままにしていたら働く人たちの権利はいったいどうなるのか。自分自身が取り組んできた臨時教員として働く人たちの権利を守るたたかいを、今度は国会で、すべての働く人たちの権利を守るために、日本共産党を強く大きな党にしてほしいと訴えました。

 

DSCF3314

DSCF3334

DSCF3330

DSCF3362

DSCF3328

その後、記者発表を行い、マスコミ関係者の皆さんと打ち合わせや写真撮り。

夕方からは南区の党支部長・役員会議で昨日の安倍首相の解散表明などを引用して、衆議院選挙への立候補の決意表明をいたしました。

 

・・・ということで今日はなかなか地域の方とのお話をする機会が少なくなってしまいましたが、とにかく全力で前に進んでまいります!

高橋ゆうすけのハッピーついーと Vol.56「健康診断」

第56回「健康診断」

 

こんにちは、高橋ゆうすけです。先週は胃腸風邪になってしまい、大変な週となってしまいました。今は完治し、元気に毎日動いています。

さて、今日のテーマは「健康診断」。先日、定期健診を受診してきました。ここで毎年楽しみにしているのが身長計測で、なぜか未だに成長しているので(今年も伸びてました)、ついつい気になるのですが、楽しみではなくても他のところで色々と悪いところがないかということで調べることはやはり大切なことですので、しっかりと受けてきました。

今年はちょっと血圧が高い値が出てしまい、こんなに高い値出たことないぞ?と思っていたら医師からは「これぐらいなら食事を少し変えるだけで大丈夫ですよ。」と。家では野菜を中心にした食生活なのですが、どうしてもお昼が外食中心になってしまっているので、まだまだ改善の余地があるなぁ、と改めて実感。こういった健康診断で医師からこうしたらいいですよ、と言ってもらえるというのはやはり自分の健康を考える上ではとても大切だなぁと感じました。

実は非常勤講師をしていた時、勤務先で定期健康診断は胸部レントゲンだけでそれ以外は受けられませんでした。働いているにも関わらず。働く人の命と健康を守るということで企業には健康診断が義務付けられているはずなのに、その健診を受ける権利すらありませんでした。それがとても悔しくて、そして受けられる人がうらやましかった、そんなことから非常勤にも健診が受けられるようにと当局に求めてもきました。

これからも働く人の命と健康が守られる社会を、そのために頑張っていきます。

高橋ゆうすけのハッピーついーと Vol.54「笑いの力」

こんにちは、高橋ゆうすけです。先日車の車外温度計で「40℃」などという数値を見てなんなんだ?とビックリしてしまいました。夏だからと言ってここまで暑くなくてもとついつい思ってしまいます。

さて今日のテーマは「笑いの力」について。

先日知人が入院したと聞いてお見舞いにいてきました。ステージ4の癌が見つかったということでどう接したら…などと考えていたのですが、行ってみてびっくり。本人はものすごくポジティブに過ごしていました。

無理をしているというのではなく、癌という病気そのものを受け入れて、そしてその病気と闘うぞという強い気持ちを持っていました。

話していると入院生活を楽しんでいる(小さな楽しみを見つけている)なぁと感じました。元々そういう性格の人なので変わってなくて良かったという気持ちと、なんでそんなに笑って楽しんでいられるんだろうか?という思いがありましたが、笑いは自己免疫力を高めてNK(ナチュラルキラー)細胞を増やすらしいから、楽しく笑って過ごしながら癌と闘うんだと聞いてなるほど!と納得しました。

病気になるとネガティブな事を考えたりすることも多いですが、ポジティブに考えて病気と闘う、そういった姿を見てこちらが元気をもらう、そんなお見舞いでした。

保健学校

今、私が勤務している病院の地域の方たちが中心に取り組んでいる「保健学校」に、私もスタッフとして関わっています。

私の担当している地域では大雪の関係などもあり、今日が最初の保健学校となってしまいましたが、最初のテーマは「救急蘇生」。

病院の看護師の方に講師をしてもらって、実際に救急蘇生が必要になった場合、どうしたらよいか、ということについて学びました。

 

大体の人が気になることは「人工呼吸」「心臓マッサージ」「AED」といったところではないでしょうか。

今回、BSL(Basic Life Support・一次救命措置)用の練習キットを使っての実演を行いました。
心臓マッサージでは多くの方が「なかなか音が出ない」(しっかり心臓マッサージができていればカチッカチッと、音が鳴る)と、その力の入れ方などの大変さを実体験した感想も話されていました。

私も、一緒に心臓マッサージを、と思ってやっていたのですが、普通に音、出てるなぁ…と思ったらいきなり「ボンッ」と、キットが破裂^^;
どうにも結構使っていたようで、劣化によって小さな穴が空いていて、そこから破裂したようでした^^;;;

その後、人工呼吸についての説明。
正確には、今は人工呼吸は行わない、ということの説明でした。
息してなかったら人工呼吸必要では?と思われるかもしれませんが、人工呼吸をすることで感染症のリスクがあること、
そして心臓マッサージをすることで、必要な酸素は自然に肺に取り込まれるということから、今は行わないということに、参加者一同驚きの顔に。

今回、実際に話してくれた看護師の方は、実体験を交えて話してくださったので、参加者からも身内の方の時の話が出されるなど、率直な話が出され、とてもいい学習交流ができた企画となりました。

まちかど健康チェック

今、私が働いている病院のボランティアグループが毎月1回、町内のスーパーで、まちかど健康チェックを行っています。

内容は、血圧測定と体脂肪測定、そして骨密度測定なのですが、本当にたくさんの方が寄っていらっしゃいます。

私も骨密度測定の結果を簡単に説明しているのですが、1時間の間に50名近くの方が骨密度測定を行うので、説明も大変です。

当たり前ですが、専門家ではありませんので、骨密度測定器から出てきた値と、骨年齢の対照表を見比べながら、結果についてお話をし、特に悪い値が出たときには、どこの病院でもかまわないので、骨密度の精密検査を受けることを勧めています。

このまちかど健康チェックは、無料で行っているということもあり、多くの方が受けられるのですが、やはり誰もが病気じゃないか、健康な体かどうか、そういったことに不安を抱えています。無料でやっているなら少し受けてみようかな?という気持ちが働くのだと思い、多くの方が並んででも受けようと思うのだと思います。

そうやって、早期発見できれば、医療費などの負担も少なく治療ができるのでいいことだと思っています。

しかし、今、医療や介護がどんどん壊されていく、そうした政治が自民党の元で進められようとしています。

70歳~74歳の医療費窓口負担が現行の1割から2割へ倍加し、介護保険でも適用の幅を狭め、要支援者に対する訪問介護や通所介護を止めさせるような法律が昨年の臨時国会で強行採決されました。

こんなことで、どうして健康に暮らしていくことができるのでしょうか?

誰もが病気にかかる可能性がある、そうした中で国や行政の役割は、お金の心配なく医療が受けられるようにする、それが命に対する平等権を守ることでもあるのではないか、私はそう思ってきました。

 

まちかど健康チェックをしていると、喜ぶ人、ショックを受ける人、さまざまな方がいます。でもそうやって健康づくりに関心を持つことはとても大切なことだと思います。皆さんの健康づくりに少しでも役に立てるのなら、こうした取り組み、しっかりとすすめていきたいと思った、今日この頃でした。

高橋ゆうすけのハッピーついーと Vol.33「声出すことは健康にいい?」

第33回「声出すことは健康にいい?」

 

こんにちは、高橋ゆうすけです。

ここしばらく暖かくなったり急に寒くなったりと、寒暖の差が激しい日が続きます。そのせいか私のまわりで体調を崩す方もいます。インフルエンザもはやっていますので、体調にはくれぐれも気をつけてください。

さて、今日のテーマは「声」です。今回「声」をテーマにしようと思ったのは、最近よくマイクを通して話す声を聞かれた型から女性と勘違いされることが多いため(自分でも声が高いということは自覚しています)、ということから思いついたのですが、ふと考えると声をだすということは健康にいい、とよく言われるので、そのままテーマにしてしまいました。

私はよく大きな声を出して笑ったりするのですが(時折うるさいと怒られます…)、そうやって大きな声で笑うとなんとなく気持ちがいいんですよね。で、なんでかなぁ?と考えると身体全体の力がいい具合に抜ける、そのことが身体をリラックスさせているんだと、それが気持ちいいと感じる一番の要因だと感じています。

あとは、酸素もたくさん使っている、そのことで身体の代謝も上がる、大きい声を出すため自然と背筋も伸びるということが調べてみたらわかりました(そんなこと当たり前、と言われそうですが)。

いつでも大声で、というわけにはいかないですが(周りの雰囲気にもよりますし)、皆さんも時々は恥じらいも捨てて(?)大きな声で叫んでみたりというのは、心身のリフレッシュにもなるのでいいかもしれませんね。