週刊みなみ区民報・ハッピーついーとVol.5

週刊みなみ区民報から第五回目の「高橋ゆうすけのハッピーついーと」です。

転載の前に、、、

私のこの記事を読んでの感想をたくさんいただきます。楽しみにしています、とてもいいこと書かれている、ファンになりました、などなど^^

ファンになってくださるという方がいてとてもうれしいです。(ちょっとくすぐったい気もしますが^^;)そういった方たちの声、そして私のことをまだ知らないという方の声にしっかりと耳を傾け、そしてその願いを政治の場へと届けていきたい、そんな元気をもらうことができます。これからも全力で頑張ってまいります^^

 


 

こんにちは、高橋ゆうすけです。最近友人にエレキギターを譲ってもらい、弾けるようになろうと少しずつ練習をしています。

今回は、少し前に話題になった「女性手帳」のことで思うことを書きます。この「女性手帳」、少子化対策のために作るとのこと。女性が出産適齢期や高齢出産によるリスクを知らないなどを理由にしていると言いますが、そんなふざけた話はありません。いつ結婚・出産するか、(結婚・出産しないという選択肢も含め)それぞれが考えることです。

もちろん、リスク等はきちんと知らせていく必要はあるでしょうが、それは学校や病院で知らせていくものであり、政府が少子化対策のために教えるものではありません。だいたい、なぜ女性にだけそんな啓発活動をしていかなければならないのでしょうか?

だいたい子育ては、男性も関わる分野です。にもかかわらず、なぜ女性ばかりに出産・子育てのことを啓発するのか、私には理解ができません。

本来、少子化対策は、なぜ少子化になっているのか、その背景をしっかりと見ていく必要があります。どうも調査会では、女性の社会進出が原因という意見が多いようですが、両性の平等が進んだ国での出生率は日本より高いことがわかっています。ではなぜ進まないのか、働いても生活に余裕ができない、ということが大きな背景だというのは誰もが理解するところだと思います。余裕と言っても、もちろんお金の面もそうですが、それだけではなく、残業ばかりで心の余裕もない、そんな状況で、どうして結婚や子育てに目が向くのでしょうか。

正直、政府はどうしてそういうところに目が向かないのか、まったくもって理解できませんが、そこを打破し、子育てしやすい世の中にしていくためにも、頑張っていきます。

新瑞橋宣伝行動

今日はお昼の時間帯、新瑞橋にあるイオンモールの前で1時間の宣伝行動を行いました。

原発ゼロ・TPP参加の断念・消費税増税ストップ・憲法改定反対の各署名もお願いをしながらの行動でした。

道行く人からも、署名をしていただいたり、「信頼できるのは日本共産党以外にないから頑張ってほしい!」との応援の声をいただいたりと、とても元気のもらえる宣伝行動になりました。

新瑞橋宣伝

新瑞橋宣伝

新瑞橋宣伝

 宣伝をしていたら「もとむら先生はここには来ないの?」と声をかけてくれる方も^^

宣伝カーやのぼりに「もとむら伸子」っていうのがあるから、来ると思われたのかな?

今は、マスコミも日本共産党の存在感を伝えるようになり、自民党と対決できる政党は日本共産党だけということも広まってきました。(自民党の中からもそう言われるようになってきましたしね)

今度の参議院選挙では、愛知からはもとむら伸子予定候補を、国民の願いを届ける国会議員として、なんとしても送り出したいと思います。

市政懇談会

今日は日本共産党名古屋市議団主催の姿勢懇談会がありました。

現在の名古屋市政の情勢、6月議会でのおおよその議題についての報告があり、その後、参加された市民のみなさまから、市政に対する要望がたくさん出されました。

国が地方に押し付けようとしている公務員給与の削減に対しても、そのようなことが行われてしまえば、民間も含めた全体の賃金も引き下げられ、デフレの脱却もできなくなるというご意見、敬老パスの経済効果や健康増進、環境改善効果など、もっともっと広報してほしいというご意見、文化活動への支援をもっと手厚くしてほしいというご意見など、本当に様々な意見が出されました。

公務員給与の削減は、先日、安部首相が言っていた成長戦略から考えても逆行することであり(国民の所得を150万引き上げる、というもの。そのための方法など根拠は一切示していません。そうしたことが影響して株価も大暴落しましたし。)、ここ数年の賃金の引き下げは、公務員が下げたからと言って民間が下げ、民間との差があるからと言って公務員給与を下げ、そしてまた公務員が下げたからといって民間が下げる…こんな負のスパイラルがあったというのも忘れてはいけないことです。

敬老パスの拡大は、河村市長や南区補欠選挙で当選した民主党の橋本ひろき議員も公約に掲げていたことですが、先日の委員会では橋本議員も名鉄瀬戸線での敬老パス拡大の請願に反対し、見直しありきの議論が事業仕分けなどでも進められようとしていること、しかし名古屋市が行った調査でも経済効果が直接効果だけで316億円、間接効果まで合わせると500億円あります。そしてこういった経済効果からの計算で50億円近くは税として増収があったということがわかってきています。投入した税は120億強ですので、半分近くは税として回収できていることになりますし、経済効果がとても高いこと明らかになっています。景気回復のためにも敬老パスの活用は大々的に提案をしていく必要があるのではないでしょうか。

文化活動への支援も、様々な分野で文化活動が行われており、そういった支援を求める団体がありますが、期限を区切り、ひとり立ちしなさい、ということを名古屋市は考えているといいます。しかし、文化活動を進めるにも、プロであればそれなりの料金を集め運営していくこともできるでしょうが、文化を広めていきたい、と頑張っているほとんどの団体は、他に仕事をしながら活動をしているというケースが多く、支援がなければ運営もできないというところもたくさんあります。名古屋を文化のまちとして発展させていくためにも、こうした文化活動への支援はとても大事なことだと思います。

こういった懇談会は、市民の声を市政に届けるためにも、本当に大切な場です。多くのご意見をいただきながら、その意見が市政に届けられるよう、私自身も頑張っていきます。

日本共産党大演説会

今日は国際会議場で日本共産党の大演説会が行われ、3,000人の参加で、会場が満員となりました。

最初に愛知県弁護士会の長谷川一裕弁護士が、応援の演説をしてくださいました。

今、憲法96条が変えられようとしているけれど、この憲法の“改正”は絶対に許してはならない、憲法の根幹的な問題であることを、とてもわかりやすくお話してくださいました。憲法を変えてはならない、そのためにも日本共産党の力が大きくなることの大切さを語っておられました。

 

そして、比例代表候補の井上さとし参議院議員による演説。

井上議員は、放射能の怖さ、原発即時ゼロを実行することの必要性を、今、福島のある状況から訴えました。

ねずみによる断線によって漏電し、そのことで原子炉の冷却装置が停止してしまうようなずさんな管理体制、それでどうして絶対に安全だと言い切れるのか、そうしたことを国会の中で追及してきたのが井上議員です。

即時原発ゼロを実現するためにも、井上議員が3期目の参議院議員として働くことは、とても大切なことだということを、お話を聞いてとても強く感じました。

0001

井上さとし参議院議員

 

続いてはもとむら伸子愛知選挙区予定候補の所信表明演説でした。

もとむら候補が日本共産党に入党したきっかけ、それは、お父様が被爆をし、戦争の悲惨さを知っていること、その戦争に反対を貫いてきたただ一つの政党が日本共産党だったということを知り入党したことを、貧困問題をなくすために一生懸命動いてきたことを、一番間近なところで見てきたこと、そして、学生時代に学んだ恩師の言葉に、「日本があるべき姿になるためには、共産党の言うような社会なるべき」という言葉が胸に残っている、というお話は、日本共産党の力が求められているということを確信できるものでした。

0003

もとむら伸子 予定候補

 そして、最後は市田忠義書記局長のお話。

ところどころユーモアもあり、とても面白く最後までお話を聞くことができました。

今、自民党政権と対立できるのは、日本共産党だけであるということを、これまでの二大政党制、そして昨年12月の衆議院議員総選挙の歳に騒がれた第三極が結局どうなったか。そのことについて実態を踏まえて、他党の状況をばっさりと切るお話をされました。

自民党の古賀誠元幹事長も、本当の二大政党は自民党と共産党だとはっきりと述べていることも紹介されました。

0004

市田忠義 書記局長

0002

井上さとし参議院議員・もとむら伸子予定候補・市田忠義書記局長

 終了後は、もとむら伸子さんを囲む青年のつどいがあり、青年の願い・要求を語り合いました。

00050006

 芸術の発展、景気回復の道筋についての疑問、派遣社員の状況など、本当に切実な要求が多く語られました。

どの意見にも、誠実に対応され、時にはもとむら候補が椅子からひっくり返りそうになりながら、短い時間の中での交流が行われました。

(写真には、どう見ても“青年”ではないような方もいますが^^;)

 

と、今日は報告ばかりになってしまいましたが、とにかく日本共産党が、自民党政権に唯一対抗できる政党であることを確信できた今日の演説会でした。

ホームページ始動

ここしばらく、twitterやfacebookでも書いていましたが、ようやくホームページが出来上がりました。

WordPressを利用したサイト構成としたため、今まで作ってきたスタイルとはまったく異なったこともあり、いろいろと操作してなんとか公開にこぎつけました。

(この間、ほとんど説明書などの類は読んでません^^;)

ということで、今後ともよろしくお願いいたします。

みなみ区民報・ハッピーついーと Vol.4

第四回

こんにちは、高橋ゆうすけです。暑い日々が続いていますが、熱中症に気をつけてくださいね。私は最近、シャツの襟に付ける、目立たないタイプの首を冷やすものも売っているのを見つけ、ちょっと嬉しがっています。

今回は話題にしないわけにはいかない「従軍慰安婦」発言について。(この記事を書いているのが少し前なのでネタとしては遅いかもしれませんが)みなさんもご承知の通り、日本維新の会・橋下徹共同代表の「従軍慰安婦は必要だった、誰でもわかる」などの発言が国際問題にまで発展しています。その後、橋下氏は「強制連行にかかわらず、慰安婦を活用していたことは言語道断」などとツイッターで発信をしていましたが、この二つの発言が全く繋がってみえないんですよね(当たり前?)。

そして、「慰安婦問題に対して、不当な侮辱」などと言っていますが、誰も認めることに侮辱などしておらず、逆にしっかりと認めてほしい、賠償をしてほしいということを訴えているだけなのに、どうしてこんな考えになるのか、よくわかりません(これも当たり前?)。 ただ、そんなことで頭を悩ませてもしょうがないので、そうした考えへの批判だけをすることにしますが。

しかしこんな低レベルの事で世間をにぎわせることは「カンシン(寒心)」しますが、維新の会の人権意識というものの「本音」がはっきりと見え、本当に「賞味期限切れ」を起こしたな、という感じでもありました。そういった政党には即刻退場頂いて、みなさんの人権・願いを大切にする日本共産党が躍進するよう、全力で頑張ってまいります。

みなみ区民報・ハッピーついーと Vol.3

みなみ区民報のコーナー「高橋ゆうすけのハッピーついーと」の第3回目です。(少し文章を入れ替えています。)

 

こんにちは、高橋ゆうすけです。今回は前回までの趣味とは少し方向を変えて、私の両親のこと(特に今回は母のことを中心)を書きます。

私の父は1942年8月、現在の中国東北部(当時の満州)で生まれました。この当時は当たり前で太平洋戦争まっただ中。父が3歳になる前に終戦となりました。そのことから考えても、よく残留孤児にならずにすんだな、という感じです。(もし残留孤児となっていたら、今ここに私はいないわけですし)

その父は、今もまだ自転車で職場まで通勤することもあり(片道7Kmぐらい)、とても元気に過ごしています。

そして母は1941年11月、高知で生まれました。中学を卒業後、小学校で用務員をしていたものの、身分保証もされなかったため、こんなのはおかしい!と近隣の小中学校の用務員の方たちを集めて労働組合を作ってしまったそうです。

母も元気は元気なのですが、数年前に人工股関節を入れる手術を行い、その後、歩行に支障もあったため、現在は介護保険を利用してデイケアでリハビリに取り組んでいます。(介護保険を利用するための手続き、働きながら申請するのは大変でした。時間もかかりますし。)

デイケアでリハビリを続けているおかげで、歩ける距離も少しずつ伸びています。(が、外出の際には車いすが必要)また、デイケアで出会う人たちとの会話もとても楽しんでいるようで、私が家に帰ると、よく「今日はこんなことがあって」という話をされます。(慌ただしく動いてるときにそういう話をされることも多く、空気読んでくれ、と言ってしまうこともありますが)数年前には夜中、「(足が)痛い、痛い」と叫んでいた母ですが、こうやって今では日々を楽しく過ごせるようになったことは本当に安心しました。

そんな母とはよく政治のことを語っているのですが、母は私が立候補すると聞いたら「いつか来ると思っていた」とあっけらかんとした答え。そして父にも「やりたいようにやれ」と。一番身近な家族に支えられていることに幸せを感じて、頑張る勇気をくれた両親に感謝したいと思います。(なかなか言えませんが(苦笑))

敬老パス

先日、市議会の財政福祉委員会が行われました。

私自身は傍聴に行くことができませんでしたが、敬老パスの拡充や、名鉄瀬戸線での利用を求める請願が出されました。

今回の委員会では、敬老パスの拡充は保留に、そして名鉄瀬戸線での利用は不採択となりました。

その不採択に、なんと橋本ひろき議員も賛成をした、ということにはとても驚かされました。名鉄での利用を公約に掲げていたにもかかわらず、です。(今でもホームページにははっきりと書いてあります。)

市民が委員会の様子を見ていないだろうと高をくくっているのでしょうか?この公約破り=市民への裏切りをどのように説明するのでしょうか?

委員会の中では、財政的余裕がない、という話でしたが、この敬老パスでの経済効果は316億円、健康増進にも役立っており、加えてCO2排出量も大幅に削減できていることが調査の結果明らかになっていることを、日本共産党の山口清明市会議員が主張したにも関わらずの結果でした。

市民生活をより豊かにするための市政のはずなのに、その市民が置き去りにされている現状をどうにかしていかなければなりません。そのためにも2年後の選挙では日本共産党の議席を必ず取り戻さなければいけないと強く思いました。

朝の駅頭宣伝

毎週月曜日と木曜日、南区内の駅頭で朝宣伝をしています。

今は、参議院選挙に向けて、自民党との対決軸を示しながらの宣伝です。

「アベノミクス」としきりに言われ、GDPも上がったとのニュースが流れています。

確かに円安・株高となり、高級品がたくさん売れ、物価は上がっていますが、給料は下がっているとの調査結果が出ていました。

これが一体何を意味するのか、富裕層は株等で儲かっているけれど、世間的にはまったく恩恵がない、どころか更に生活が苦しくなっているということが明らかになった、ということです。

日本共産党は、「アベノミクス」がこうした破たんを必ずひき起こすということを、以前から主張していましたが、まったくそのとおりになりました。

そうした影響なのか、駅でチラシを配っていても受け取りがとても良い感じです。(市会議員補欠選挙中よりなぜか電車の利用者の方が多い感じでしたし^^;)それを見ながらハンドマイクで宣伝をするのは、とても気持ちよく、いつの間にか時間も経っていました^^

愛知選挙区で、もとむら伸子さんを国会へ押し上げ、消費税増税No!景気回復実現を!そのためにも一生懸命頑張ります^^(写真がなくてすみません^^;;;)

活動報告を中心に情報発信