日本共産党 名古屋市会議員 高橋ゆうすけ

TEL.

052-692-4312 FAX.052-692-1466

〒457-0865 名古屋市南区氷室町15-13

ブログ

日本共産党 名古屋市会議員 高橋ゆうすけのブログです。

ブログ一覧

避難訓練

今日は夕方から地元学区で行われた避難訓練に参加。

 

18時45分に地震発生、町内の避難集合場所に集まってから、集団で避難場所の大生小学校に移動。

避難者名簿に記入して、津波避難ビルである校舎の屋上にのぼり、市の職員から、実際の災害時に必要になる行動や備蓄しておいた方が良いものなどの説明を受けました。

 

災害はいつ来るかわかりません。日頃からの訓練がとても大切だと思います。

職員のお話によると、南区のみなさんは意識が高いそうです。しっかりと意識しつつ、いざという時に助け合うことができる様にしていく必要を感じています。

ちなみに今日は海の日。

名古屋港ではみなと祭りが行われており、校舎屋上からは花火も見られました♪

野党は共闘!市民アクション愛知4区

今日、国会での自公政権の暴走をストップさせるために、国民の声が届く民主的な政治にしていくためにと、「野党は共闘!市民アクション愛知4区」の結成総会が行われました。

昨年の参議院選挙の際、三重県で野党共闘を実現させるために奔走された市民連合@みえの呼びかけ人である高山進三重大学名誉教授に、三重での苦労話、どのように進めていったのかなどをお話してもらいました。

政党だけではなかなか進まない野党共闘。

しかし、市民の声が大きくなれば、その声にこたえようと動き始める。

そんなことを強く感じたお話でした。

 

また、民進党、共産党、自由党、社民党からも決意表明。それぞれの活動の中で感じていること、実際にあったことを基に話がされ、情勢はこんなに変わっているんだと感じるものでした。

 

総会には会場いっぱいの人が集まり、参加者からも、民主主義・立憲主義・国民主権を取り戻すために頑張ろうといった雰囲気があふれるものとなりました。

 

実現してきたこと

地域を訪問していると、時々出てくる声として、「共産党はいいこと言ってるけど、何でも反対してるよね」というものがあります。

確かに広報なごやと一緒に配られている議会だよりを見ると、議案への賛否で、共産党は議案に反対しているということがよくわかるようになっています。しかし、実は全会一致で可決されたものは、各会派の賛否というのが小さく説明されているため、あまり目立ちません。

実際に私たちは、多くの議案に賛成をしています。そのことをもっと伝えていかなければと思っといます。

それともう一つ、「いいこと言ってるけど、力がない」ということもよく聞きます。

私たちは、何か目立つことというのを実現しようといったことをしているのではなく、住民のみなさんが、普段の生活の中から感じていることを、議会で指摘・提案をするといったことをしてきています。そのため、なかなか目立たないことも多くありますが、学校図書館への学校司書の配置や就学援助金の増額、指定避難所への簡易スロープの設置、命山(津波避難場所)の整備などが実現してきました。

すぐには変わらないということもたくさんあります。しかし、粘り強く提案していくことで、実現できる、そのことを確信しています。

これからも、市民のみなさんの願いの実現のために、力を合わせて頑張っていきます。

大雨による被害 

12日の夜、名古屋市内を中心にした大雨で、床上・床下浸水や道路冠水などが発生する被害が発生しました。

被害にあわれた方には心からお見舞い申し上げます。

 

今回、市が把握している範囲では、道路冠水したところで1件の自動車水没がありました。

冠水場所に進入禁止の標示はされていたそうですが、バリケードまでは間に合わなかったことから発生してしまった事故のようです。

今回の雨は短時間に集中してしまったということがあるため、いくら見回りをしていても間に合わないということは仕方がないことだと思います。

アンダーパスの手前で進入禁止の標示がされていたら、見た目は浅く見えても実際には水が深く溜まっているため、絶対に侵入しないようにしてほしいと思います。

 

さて、大雨による被害があった場合、様々な被災者支援があります。

災害救助法が適用されるケースもありますが、されないケースでも、市民税や国民健康保険料の減免、災害見舞金の贈呈(床上浸水時・単身世帯で30,000円、2人以上世帯で50,000円)、消毒剤(クレゾールせっけん液)の配布など、様々な支援がされることとなっています。これらの支援を受けるためにはり災証明が必要になります。

詳しくは、市税事務所の市税課や各区役所の総務課、社会福祉協議会などにお尋ねいただければと思います。(近日中に被災者支援策の一覧を作成して載せていきます)

高校生給付型奨学金

今年度から、名古屋市は、高校生への給付型奨学金が始まりました。

共産党市議団としても実現に向けて提案をし続けてきたものですが、ようやく一歩前進です。

支給対象は、

・生徒本人及び保護者が名古屋市内に在住していること
・愛知県内の高等学校・中等教育学校に在学していること(1年生が対象)
・市民税(所得割)非課税世帯であること(生活保護世帯は除く)
・学業その他の活動で努力が認められる者であること(各校において学校長が推薦)

となっています。

支給額は、国公立で60,000円/年、私立で72,000円/年。

2学期以降に学校を通じて申請をすることとなっています。

今回の名古屋市の内容で全く問題なしというわけではありませんが、今後、課題も指摘しながら、より良い制度にしていきたいと思います。