日本共産党 名古屋市会議員 高橋ゆうすけ

TEL.

052-692-4312 FAX.052-692-1466

〒457-0865 名古屋市南区氷室町15-13

名古屋市政

ヒアリに関する申し入れ

今日、日本共産党愛知県議団・名古屋市議団・弥冨市議団、そしてもとむら伸子衆議院議員同席のもと、名古屋港管理組合に対して、ヒアリ対策についての緊急申し入れを行いました。

今回の申し入れは、名古屋港管理組合が管理する鍋田ふ頭コンテナターミナルにおいて、7匹のヒアリが発見されたことを受けてのものです。

報道などで、ヒアリの危険について知らされていますが、私たちはヒアリについて、正しく恐れる、そのためにも正確で必要な情報をしっかりと発信すること、国・県・関係自治体・各港湾等と連絡を密にして、ヒアリの侵入を防ぐことなどが必要だと考えています。今回の要望はその点を重視したものです。

名古屋港管理組合・ヒアリ対策申し入れ

名古屋港管理組合へのヒアリ対策緊急申し入れ

名古屋港管理組合は、あくまでも港湾管理が主な仕事で、保健行政をおこなうところではありません。

そういったことからも、保健行政を担う名古屋市や愛知県、また関係自治体である弥富市や飛島村、知多市、東海市とも連携し、かつ特定外来生物の防除を行う主体者である国による協力が不可欠です。

今日の要請行動時の懇談からも、国に対しても、防除のための備品の配備や予算措置などを求めていく必要を感じました。

ヒアリ対策申し入れ

経過等の聞き取りを行いました

ヒアリは、スズメバチと同様のアルカロイド系の毒を持つ昆虫で、刺されれば命の危険もありますが、アリ塚を壊さない、見つけて近づかないなど、自らの危機管理で一定避けることのできる危険です。

もしアリ塚を見つけたとしても、手を出さずに、お近くの保健所や役所などへ連絡してもらえればと思います。

 

なお、申し入れした内容は以下の通りです。

ヒアリ対策についての緊急申し入れ (PDF版)

6月定例会閉会

本日、6月定例会が閉会しました。

今定例会では、名古屋城天守閣木造復元にかかる寄付金条例が提案されるなど、問題のある議題がいくつか提出されていました。

市長提案の2022年12月までの名古屋城天守閣木造復元に、世論調査の声でも6~7割が賛同していないにもかかわらず、木造復元を目的にした寄付金の募集は到底許せるものではありません。

名古屋城の今後のあり方については、市民的な議論が必要です。

その中には、今の名古屋城を活かした博物館機能の充実や戦争でなくなってしまった櫓や二の丸庭園の整備を進めるといったことも含めての議論が大切だと思います。

天守閣に関わる議案は、共産党以外の賛成で可決されてしまいましたが、まだ今後、復元ができるかどうかもわかりません。市民のみなさんの声をしっかりと聴き、市政へ届けるため、これからも頑張っていきます。

山崎川橋りょう下部工工事

南区内を流れている山崎川。

今、下流域の方から順次堤防の耐震補強工事が行われています。

その工事の行われているところの少し上流のところ、JR線と交差しているところでは、河川の水の流量を増やすために必要な工事が行われています。

その関係で、JR線の橋りょう下部工について、補強工事等を行う必要があり、流量の少ない時期にそのための工事が行われていました。

 

しかし、工事を進めていく上で、支障物が見つかり、支障物の撤去等の必要が出たため、工事期間が延長され、費用も増額。

その議案が、今行われている6月定例会で提案されました。

 

私が所属する土木交通委員会が所管なので、そこで審議しましたが、私からは工事を始める前に状況がわからなかったのかなど、確認をしました。

結論としては、ボーリング調査だけではわからず、鋼矢板で周囲を仕切って水を抜かなければならなかったなど、河川特有の事情もあったことから、今回の再延長ということになったのですが、地元への交通や騒音等の影響もあることから、しっかり説明を行うように求めました。

また、下流域から進められている堤防の耐震補強も、近い時期に現在工事が行われている区域に達する予定ですので、同じ局の中で行っていることなので、無駄なことにならないようにするためにも、局内で調整して工事を行うように求めました。

市民3分間演説

名古屋市会では、定例会で行われる各常任委員会において、委員会初日冒頭(正確には委員会のはじまる直前)に、市民3分間演説というものが行われます。

委員会ではないため、議事録等が残っているというものではありませんし、演説に対して議員が何かしら発言するということもありませんが、市民の方々が日頃思っていることを委員会の場で、会派関係なく聞いてもらうことができる場として、毎回何名かの方が申し込みをし、お話をしてくださいます。

昨日の土木交通委員会では、市バスの利便性向上を求める方のお話しがありました。3分という短い時間ですが、非常にまとまったご意見で、その通りだよな、と感じさせられるものでした。

市民3分間演説は、毎定例会ごとに開かれています。事前の申し込みが必要です。

申し込み方法等は

http://www.city.nagoya.jp/shikai/category/327-0-0-0-0-0-0-0-0-0.html(名古屋市会情報内ページ)

をご覧ください。

今年度の所属委員会決まる

今日の本会議で、今年度の所属委員会が決まりました。

高橋の所属委員会は、

常任委員会 … 土木交通委員会
特別委員会 … 防災・エネルギー対策特別委員会

です。

防災・エネルギー対策特別委員会では、副委員長に選ばれましたので、委員会の民主的な運営のために力を尽くしていきます。

なお、日本共産党名古屋市議団の担当委員会は以下の通りです。

 

●常任委員会
・総務環境委員会
西山あさみ(副委員長)・くれまつ順子
・財政福祉委員会
柴田民雄(副委員長)・山口清明
・教育子ども委員会
青木ともこ・さいとう愛子
・土木交通委員会
岡田ゆき子(委員長)・高橋ゆうすけ
・経済水道委員会
江上博之・藤井博ひろき
・都市消防委員会
田口一登・さはしあこ

●特別委員会
・大都市制度・広域連携促進特別委員会
田口一登・柴田民雄
・防災・エネルギー対策特別委員会
高橋ゆうすけ(副委員長)・さはしあこ
・産業・歴史文化・観光戦略特別委員会
山口清明(委員長)・西山あさみ
・都市活力向上特別委員会
さいとう愛子・江上博之
・公社対策特別委員会
青木ともこ・岡田ゆき子
・安心・安全なまちづくり対策特別委員会
藤井ひろき(副委員長)・くれまつ順子

5月臨時会

本日から5月臨時会が3日間の予定で始まりました。

今日のメインは、正副議長選挙。

議長選挙には、日本共産党の田口一登議員と自民党の渡辺義郎議員が立候補。

田口議員は、政務活動費の使途の透明化と厳格化を図るため、市民がいつでもチェックできるように、領収書等のインターネット公開など、運用改善に取り組むこと、議員報酬についての市民の意見を聞く場を設けることの2点を提案し、選挙にのぞみました。

結果は

田口一登 … 12票
渡辺義郎 … 63票

という結果でしたが、新たに議長となった渡辺議員も、議会報告会の開会をしていきたいと訴えていましたので、そのことも含めた議会改革を進めていく立場で、今後、議長にも申し入れを行っていく予定です。

 

副議長選挙には、日本共産党の岡田ゆき子議員と民進党の橋本ひろき議員が立候補。

岡田議員は、先日行われた市長選挙の投票率が36.9%と、ここ3回の市長選挙の中で最も投票率が低いことから、市政が市民の願いとかけ離れていないか、検討する必要性を指摘。その中で、市民の声を議会に反映させる仕組みを作ること、徹底した情報公開、議員政治倫理条例の制定を提案しました。

結果は

岡田ゆき子 … 12票
橋本ひろき … 63票

で、こちらも当選には至りませんでしたが、市民の市政への信頼も得るために、実現に向けて取り組んでいきたいと思います。

公社対策特別委員会その2

今日も公社対策特別委員会が開かれ、公社との懇談を行いました。

私からは、教育スポーツ協会に対して、生涯学習センターにおける指定管理者として、社会教育の考え方等について質問しました。

地元との連携についても、指定管理者としての運営を始めてから半年を目途に取り組んできたということでしたが、数年で変更する可能性のある指定管理者では、最初の半年は地元との協議を進めることに力を費やさなければならないため、一定期間ではあってもサービスが停滞することになると感じました。

また、名古屋高速道路公社に対しては、六番町交差点周辺の騒音問題、ここ数年続いているコンクリート片やモルタル片の落下事故に対する対応や塗装の劣化等への対策、料金収受員の労働条件等についても質問をしました。

特別委員会での懇談は、賛否を明らかにするというものではないため、意見・要望を伝えるということになってしまいますが、市民の暮らし・福祉を大切にするという立場で仕事をしてもらうということは市役所であっても公社であっても同じですので、もし公社に対して、こんなことをしてほしいということがありましたら、ご意見をお寄せください。

公社対策特別委員会

今日は公社対策特別委員会の総括質疑がありました。

私は、公立大学法人名古屋市立大学に対して、障害者の雇用及び障害を持つ学生への対応についての質問を行いました。

学生への対応という点では、専門の部署等を置いてのフォロー等を行っているということで、今後も学ぶ権利を保障するためにフォローをきっちりとしていってほしいと要望しました。

また、障害者の雇用については、昨年4月施行された改正障害者雇用促進法に基づいて策定された「合理的配慮指針」への対応について質問しました。

この中には相談体制の整備についても触れられており、市立大学の相談体制はどのようになっているか、訊ねたところ、専門の部署がないということがわかり、法の趣旨・指針に基づき専門の部署を作って対応すべきである旨を指摘しました。

また、障害者への差別禁止ということについても、全職員への周知が必要であることを指摘し、普及・啓発を進めるようにと要望をしました。

市立大学側からは、専門の部署の設置も検討していくという前向きな回答もありました。

教育に穴があく?

来年4月に、県費負担教職員(義務制の学校の教職員は原則として県から給与が出ているのでこのように呼んでいます)が政令市に権限移譲(給与の支払いが政令市に移譲され、それに伴い様々な労働条件も政令市で定められる)されることに伴い、臨時教職員の任用で大きな問題が浮き彫りになってきました。

愛知県の職員だったこれまでは、産育休や病気の先生の代わりに任用される臨時教員は、任用期間が終了した後、1日の再雇用禁止期間を経て、同じ学校で、もしくは他の学校で任用されていました。(もちろん回せる仕事がなく失業してしまうケースもありましたが、それはあくまで仕事がない場合の話です)

しかし、名古屋市の場合、産育休や病気の先生の代わりに任用された臨時教員は、任用期間が終了した後、2か月の再雇用禁止期間を経なければ再び任用されないというルールとなっています。

今、そのことを知った臨時教員のみなさんが、名古屋市で働き続けられないなら他の自治体に、という声も上がっている状況。

このままでは名古屋市の教育を支える人たちがいなくなってしまう、そのようなことにしてはいけないと、臨時教員や保護者らが市民のつどいを開きました。

参加者は100名を超え、マスコミも来て報道されました。

集会の最後には、市民の会を結成することが了承され、議員との懇談や名古屋市との懇談が進められることになりました。

 

私もこの間、この問題について全国の状況を調べていますが、他の政令市では名古屋市のような状況はなく、比較的長期間再雇用禁止期間があった自治体でも、権限移譲を契機に改善をしようという動きがあることがわかってきました。

 

名古屋市の学校に通う子どもたちの教育環境を悪くさせないためにも、そして教育環境を支える教職員が働きやすい環境を整えるためにも、頑張らなければと、そう思わせてもらえる集会でした。

市政懇談会を開きました。

昨日、日本共産党名古屋市議団主催で市政懇談会を開催しました。

はじめに西山あさみ議員から11月定例会での個人質問・討論についての報告。

その後、田口一登団長から市政アンケートの集約結果について報告しました。

その後、参加者のみなさんから質問や市政への要望をお聞きし、できる限りの範囲で現状の説明や今後の方針についてお話しをしました。

今回、教育施策の部分についても質問が出されました。

その中の一つは来年4月に行われる県費負担教職員の政令市への権限移譲に関わるもの。

権限移譲をきっかけに、様々な問題が出てくる状況。その改善に向けても取り組んでいきたいと思います。